帝人、広島大学発ベンチャーに出資、ヘルスケア事業を強化

帝人は16日、広島大学発のベンチャー企業で未病・疾患早期発見検査を提供するミルテル(広島県広島市)に出資し、業務提携契約を締結したと発表した。

 今後、帝人グループでニュートラシューティカル製品(健康維持に科学的根拠をもつ食品)の販売を手掛けるNOMON(東京都千代田区)が、ミルテルが展開する血液検査による未病検査や、がんなどの疾患の早期発見を促す検査の販売支援を行い、ミルテルがNOMONのサプリメントを販売する。こうした相互の販路活用によって販売協力し、両社の認知拡大に取り組んでいく考えである。

 ミルテルは、広島大学大学院の田原栄俊教授の研究成果を実用化するため、2012年に起業した同大発のベンチャー企業。翌年には遺伝子検査業務を行う衛生検査所として登録し、未病検査「テロメアテスト」、がんなどの疾患の早期発見を促す検査「ミアテスト」などの「ミルテル検査」を医療機関に提供。疾患の予防と早期発見を通じて、国民の健康長寿や医療費の削減に貢献することを目指している。

 一方、帝人のグループ会社であるNOMONは、高純度NMNを配合したサプリメントなどの販売を行い、前向きに歳をとるプロダクティブ・エイジングの実現を目標に掲げる。こうした中、帝人グループとミルテルは、健康寿命延伸や医療費削減への貢献という理念を共有できたこと、事業の展開領域や戦略、保有技術などからシナジーが期待できることから、今回の出資および業務提携契約の締結に至った。

参考:https://www.teijin.co.jp/news/2020/09/16/20200916_02.pdf

関連記事

  1. 日産自動車、産学連携の乗合型移送サービス実証実験へ参画 横浜で10月11日から開始

  2. データサイエンス分野の発展を戦略的に促進するため「データサイエンス系大学教育組織連絡会」を設立

  3. スポーツで地域活性化 名古屋市が産官学協定

  4. 「人生 100 年時代・課題解決コンソーシアム」の創設について -異業種企業と大学が連携し長寿社会の課題解決へ-

  5. Osaka Metro×大阪芸術大学 産学連携の取り組み『X’mas マンガデザイン Museum 2020』

  6. 房総半島を楽しむ旅を学生たちが企画 産学連携で実現、一般参加者50名を案内

  7. 産学連携で開発した日本初の熟成食材製造用「エイジングシート」が「九都県市のきらりと光る産業技術表彰」受賞

  8. 東京大学と Google との「AI 相利共生未来社会」の実現に向けたパートナーシップについて

  9. 関電工、東京電機大と連携協定/強靭性向上へ共同研究