神田外語大学では2020年 後期より株式会社イオン銀行と協力し産学連携で寄付講座「金融リテラシー講座」をオンライン授業にて開講

 神田外語大学(千葉市美浜区/学長 宮内孝久)は、株式会社イオン銀行(東京都江東区/代表取締役社長 新井直弘)と産学連携で、同社の金融リテラシー推進室が提供する「金融リテラシー講座」を9月14日(月)の後期授業よりオンラインにて開講する。本講座の目的は、学生が卒業後、経済的に自立し、より良い生活を自ら選択していくために必要な経済や金融についての知識と判断力を学ぶことや学んだ知識を生かして適切な金融サービスを選択する力、将来の生活設計が出来る力を養うことである。

 神田外語グループは、2013年6月にイオングループと「パートナーシップに関する協定」を締結し、同大・同社が同じ千葉県下にあるといった地域性を生かし、その後さまざまな面で連携を図ってきた。この度は、産学一体となって次世代を担う人材に共通して求められる知見・資質の向上と国際社会で活躍する人材の育成を推進するため、イオングループの中核会社の一つである株式会社イオン銀行と連携し、同社の金融リテラシー推進室が提供する「金融リテラシー講座」を寄付講座として開講することとなった。

 現代社会では、金融との関わりをもつことは避けられない。本講座ではイオン銀行のマネジメント層が中心となった現役ビジネスパーソンから、社会人として必要な金利、インフレ、為替だけでなく、消費生活・金融トラブル防止策など、金融リテラシーについて体系的に学ぶ。人生と生活を考えるうえで重要な事項を理解することで、適切な金融商品のサービス選択ができ、将来の生活設計ができるようになることを目指す。

 今後、学生の金融知識の習得に応じて海外インターンシップへの参加につながるものとしている。本講座ではZoomなどのビデオ会議システムに加え、Google Classroomなども活用し、講師陣と学生との間での課題のやり取りに工夫を加え、より効果的な学習効果を狙う。

 詳細は以下の通り。

◆講座概要

【科 目 名】 キャリア開発

【講座担当】株式会社イオン銀行 金融リテラシー推進室

【開講時期】2020年後期のみ 金曜4限

【単 位 数】 1単位(自由選択科目)

【対 象 者】 神田外語大学 1年~4年生

◆参考

イオン銀行HP「金融リテラシー教育推進に向けた取組」https://www.aeonbank.co.jp/company/csr/financial_literacy/

イオン銀行:

小売業発の金融機関として「商業と金融の融合」「リテール・フルバンキング」を事業コンセプトに掲げ、「親しみやすく便利で、わかりやすい」銀行を目指し、全国のイオンモールを中心に141店舗を展開する銀行

関連記事

  1. 骨や筋肉の中の脂肪を使用して病気を診断し、 転倒や骨折を予測するツールを開発 メルボルン大学

  2. 東京大学発AIベンチャー、ドラレコ映像から自動で個人情報を除去するAIを開発

  3. アイブリッジ株式会社が筑波大学とAI関連の産学連携プロジェクトを開始

  4. シンガポール国立大学(NUS)がインフラ、教育、生涯学習に注力

  5. 暗闇で3Dを見るためのマシンのトレーニング方法 オーストラリア国立大学

  6. 千葉県内の5つの大学・短期大学が産学官連携プログラム「ちば仕事研究塾2020 夏」を開催

  7. シンガポール国立大学(NUS) の研究者が新しいスマートゲームグローブを開発

  8. 世界で最も強力な望遠鏡への資金援助 オーストラリア国立大学

  9. データサイエンス分野の発展を戦略的に促進するため「データサイエンス系大学教育組織連絡会」を設立