関電工、東京電機大と連携協定/強靭性向上へ共同研究

 関電工と東京電機大学は14日、自然災害からの効率的な復旧作業に生かすため、レジリエンス(強靱性)向上に関する包括的産学連携協定を締結したと発表した。IoT(モノのインターネット)を活用した研究テーマを立案し、双方の知見を持ち寄りながら、共同でプロジェクトに取り組む。2021年度から3年間で進め、可能なものから社会実装を目指す。人材交流などでも協力を深めていく方針だ。

 関電工が大学と多分野にわたる包括的な連携協定を結ぶのは今回が初めて。同日都内で開かれた調印式には、関電工の仲摩俊男社長と同大学の射場本忠彦学長が出席した。

参考:https://www.dendai.ac.jp/news/20201014-02.html

関連記事

  1. JETROおよび京都リサーチパーク ヘルスケア分野に特化した英語ピッチイベント HVCKYOTO 2020開催

  2. 産学連携でウィズコロナ時代の中小企業経営をサポート中小企業向け無料オンラインセミナー開催

  3. 株式会社マクロミルと二松学舎大学が「国内における食品購買に関する実態調査-新型コロナ禍で伸長するレトルトカレー市場の動向を中心として-」報告書をリリースしました。

  4. Osaka Metro×大阪芸術大学 産学連携の取り組み『X’mas マンガデザイン Museum 2020』

  5. 「地方創生プロジェクト学生会議」開催地域活性化を目指して学生がオンラインで意見交換

  6. 神田外語大学では2020年 後期より株式会社イオン銀行と協力し産学連携で寄付講座「金融リテラシー講座」をオンライン授業にて開講

  7. 東北大とKDDI、「大学発ベンチャーの支援を通じた地域の人づくり」で協定

  8. 千葉県内の5つの大学・短期大学が産学官連携プログラム「ちば仕事研究塾2020 夏」を開催

  9. 房総半島を楽しむ旅を学生たちが企画 産学連携で実現、一般参加者50名を案内