昭和女子大学初の学生ベンチャー企業設立 乳幼児の育児サポートシステム会社「Tapirus」創業

 学校法人昭和女子大学(理事長・総長:坂東眞理子、東京都世田谷区)で、創立100周年の歴史で初となる学部生によるベンチャー企業「株式会社Tapirus」(本社・東京)が誕生した。昨年、大手企業の開放特許を活用した事業アイデアを競う「知財活用スチューデントアワード」で最優秀賞に輝いた企画をもとに事業化に乗り出す。

 株式会社Tapirusは、グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科前田純弘ゼミの4年生9人と担当教員が1万円ずつ出資して設立し、社長はゼミ長の鈴木亜未さんとなる。乳幼児の育児をしている人をサポートする機器「Tapirus」の開発、販売を目指している。

 「Tapirus」のアイデアの概要は、富士通の開放特許「非接触バイタルセンサー」(今後、特許ライセンスを取得予定)を活用したセンサーを壁や天井に設置し、乳幼児の睡眠時の体の向き、心拍数、呼吸状態などを計測し、親がスマートフォンで確認できるようにするというもの。異変をアプリで警告し、親が家事や仕事に集中し、安眠しやすくなることを目指す。

 乳幼児突然死症候群(SIDS)関連で乳幼児の様子をチェックする製品があるが、接触型で乳幼児が外したり嫌がったり、感知データが限られる等の課題があった。親や保育園へのヒアリングで、乳幼児の睡眠を見守るのに大きな負担がかかっていることがわかり、乳幼児の見守りシステムを提案し、昨年、西武信用金庫(本店・東京都中野区、高橋一朗理事長)が主催する「知財活用スチューデントアワード」で最優秀に輝いた。このとき、審査員たちから事業化を勧められ、今回の会社設立にこぎつけた。

 新会社は、現段階では調査会社的位置づけで、当面は技術力のある中小企業に試作品の製作を依頼するために、製品の仕様などの詳細を詰める作業を行う。試作品製作のための資金は、クラウドファンディングなどでの調達を検討している。創業メンバーは来春に卒業・就職するが、その後は副業として事業を継続する方法を模索する。

 鈴木さんは「会社設立は講義で学んだこととリンクしていて、西武信金様や関係機関の皆様のサポートで実現しましたが、今でも夢みたいです」と語る。前田教授は「学生のアイデアを本気で事業化しようと支えてくれるアワードに、これからも学生たちに挑戦してもらいたい」と、監査役として新会社を支えていく。

参考:https://univ.swu.ac.jp/topics/2020/09/18/39620/

関連記事

  1. アイブリッジ株式会社が筑波大学とAI関連の産学連携プロジェクトを開始

  2. 幹細胞はどのようにしてキャリアを選択するのか (カリフォルニア工科大学)

  3. “デジタルネイティブ世代が考える未来の百貨店の姿とは”三越伊勢丹と立正大学の産学連携プロジェクトで新しい百貨店のマーケティング戦略を発表

  4. 産学連携で開発した日本初の熟成食材製造用「エイジングシート」が「九都県市のきらりと光る産業技術表彰」受賞

  5. NUSのチームがスマートフォンからワイヤレスで動力を得られる スマートスーツを開発(シンガポール国立大学)

  6. 学習障害はアルツハイマー病の記憶喪失に先行する可能性がある(モナッシュ大学)

  7. 外出先での歩行解析のための新しいセンサシステムを開発(シンガポール国立大学)

  8. 骨や筋肉の中の脂肪を使用して病気を診断し、 転倒や骨折を予測するツールを開発 メルボルン大学

  9. 工学院大学、米粉麺を産学連携で開発  ~グルテンフリーの体にやさしい無添加食品~