環境に関するトップレベルの課題に取り組むための新たなナショナル・ハブ(西オーストラリア大学)

西オーストラリア大学は、絶滅危惧種の研究において全国的なリーダーシップを発揮するとともに、山火事などの異常気象への対応においても重要な役割を果たすため、オーストラリアの新しい研究ハブを設置することになった。Sussan Ley連邦環境大臣は本日、UWAが7年間で4,700万ドルを受け取る4つの新しいハブの一つである「The Resilient Landscapes Hub(レジリエント・ランドスケープ・ハブ)」をホストすることを発表した。

 

新しいハブは、約400件の科学プロジェクトを成功させて実践的な環境成果をもたらし、過去6年間の環境科学のアジェンダの形成に貢献してきた国家環境科学プログラム(the National Environmental Science Program:NESP)の第2フェーズの一部である。

 

NESPの次のフェーズでは、気候適応、絶滅危惧種、保護地域、廃棄物の影響に重点を置いて、環境管理と政策上の最も緊急なニーズに取り組むことになる。

 

UWAのMichael Douglas教授が新しいハブのリーダーを務め、カーティン大学の Stephen van Leeuwen教授が副ハブリーダー兼シニア先住民ファシリテーター、UWAのSamantha Setterfield准教授が西部のノードリーダーを務める。

 

Douglas教授は現在、NESP北オーストラリア環境資源ハブを率いており、淡水生態学の分野で豊富な経験を持っている。

Setterfield准教授は、雑草管理と火災生態学の専門家であり、 van Leeuwen教授は今年7月にオーストラリア初の生物多様性・環境科学先住民講座に任命された。

レジリエント・ランドスケープ・ハブは、山火事の回復、野生動物、侵略的種の影響などの問題に焦点を当て、国内で最も差し迫った環境問題に対処するために必要な知識とツールを土地管理者に提供する。

Douglas教授は、新しいハブは、現場に違いをもたらす実用的で応用的な研究を行うだろうと述べた。これは全国規模の研究を行うことになる、キンバリー、ピルバラ、西部砂漠、南西部の研究も含まれるだろう。

「我々のビジョンは、オーストラリアの陸域および淡水の生息地を適応的な管理を支え、山火事や干ばつなどの極端な事象や、侵略的な種を含む広範な圧力に対して、より強い耐性を持たせるようにすることです。」と彼は語る。

UWAのTim・Colmer副学長(研究)教授は、新しいハブは、オーストラリアの景観と生物多様性の成果の回復力を向上させるために、重要な環境問題に対する実用的で現実的な解決策を提供するものであると述べた。

Colmer教授は、「このプロジェクトは、特にオーストラリア地域の経済復興と地域社会の繁栄を支えるために、景観の回復力、復旧、復興のための重要な機会を提供します」と述べた。

 

「また、我々の研究者らが、先住民のコミュニティやレンジャーチームと協力して、コミュニティのニーズに取り組み、環境や土地管理の問題に対する共同解決策を開発することも可能になります。」

今回発表された他の3つのハブは、海洋・沿岸ハブ(ケアンズのリーフ&レインフォレスト研究センターとタスマニア大学)、持続可能なコミュニティと廃棄物ハブ(ニューサウスウェールズ大学)、気候システムハブ(CSIRO)である。

西オーストラリア大学の研究者らは、NESPの第一段階で重要な役割を果たし、先住民族、産業、その他のステークホルダーの様々な環境プログラムにおける現場での環境活動を支援するための科学的知見を提供した。

ハブは、CSIROやジェームズ・クック大学、グリフィス大学、タスマニア大学、カーティン大学、クイーンズランド工科大学、マッコーリー大学、ニューカッスル大学、ニューイングランド大学、サザン・クイーンズランド大学、フリンダース大学、チャールズ・ダーウィン大学、ラ・トローブ大学などの研究機関とのパートナーシップを通じて、全国をカバーする予定だ。


【原典】New national hub to tackle top environmental challenges

 (10 DEC 2020
URL;New national hub to tackle top environmental challenges (uwa.edu.au)

関連記事

  1. 南洋理工大学(NTU)シンガポールの科学者が 果物の皮で古い電池を新しい電池に変える

  2. ユニークな化学物質が鉄鉱石の採掘廃棄物から鉄鉱石を回収するのに役立つ(西オーストラリア大学)

  3. 脳回路をリアルタイムでマッピングする方法(カリフォルニア工科大学)

  4. 東北大学「スタートアップ・ユニバーシティ宣言」 ~国内大学初のベンチャー創出支援パッケージを創設し、スタートアップの創出と起業家人材の育成を加速化させていきます~

  5. シンガポール南洋理工大学の科学者がロボットの痛みの認識と自己修復を支援する「ミニ脳」を開発

  6. スタンフォード大学の研究者たちは、記憶力の低下を注意力の欠如やメディアのマルチタスクと関連づけている

  7. 研究者が第一分子スイッチを開発 電子機器の更なる小型化に向けての一歩(イェール大学)

  8. カエルたちの鳴き止ませるため環境DNAを利用 メルボルン大学

  9. シンガポール国立大学(NUS)がインフラ、教育、生涯学習に注力