世界で最も強力な望遠鏡への資金援助 オーストラリア国立大学

世界で最も強力な望遠鏡の1つの建設には、数百万ドルの資金援助が与えられている。

巨大マゼラン望遠鏡プロジェクトは、米国国立科学財団(NSF)から1,750万ドルを受け取った。

オーストラリア国立大学は、このプロジェクトの12のパートナーのうちの1つだ。

Matthew Colless教授によると、この助成金は、天文学者が宇宙の奥まで見通せるようにするために必要な高度な技術の開発に役立つという。

「巨大マゼラン望遠鏡(GMT)が完成すれば、他の地上望遠鏡の2.5倍以上の大きさになります。」とColless教授は語る。

「天文学者は主鏡の直径で望遠鏡を測っていますが、それは光を集めれば集めるほど見えるようになるからです。」

「GMTは既存の最大の望遠鏡の約5倍の光を集めることができるようになります。つまり、現在の限界よりもはるかに遠くのものが見えるようになることを意味しています。」

「GMTはまた、大気によって生じるぼかし効果を実質的に排除する新技術を使用しますので、宇宙の望遠鏡とほぼ同じようにシャープに見ることができます。」

Colless教授は、国立科学財団の支援により、新たな機会が開かれると述べる。

「これは事実上、アメリカの天文学界全体とリンクしていることを意味します。」

「ANUが参加することが、本当に楽しみです。これは我々の研究者たちが、最大かつ最も強力な新技術を利用することができることを意味しています。我々は新しい望遠鏡を作るたびに新しい発見をしていますが、GMTは宇宙の理解に向けたさらにエキサイティングな一歩なのです。」

巨大マゼラン望遠鏡は、チリのラス・カンパナス天文台に建設される予定だ。

【原典】Cash boost for world’s most powerful telescope  17 Sep 2020 https://www.anu.edu.au/news/all-news/cash-boost-for-world%E2%80%99s-most-powerful-telescope

関連記事

  1. データサイエンス分野の発展を戦略的に促進するため「データサイエンス系大学教育組織連絡会」を設立

  2. 西オーストラリア大学の研究者が交通調査を自動化する 新しいソフトウェアを設計

  3. 幹細胞はどのようにしてキャリアを選択するのか (カリフォルニア工科大学)

  4. スマートポートにむけた統一プログラミングスタンダードのための新しいグローバルアライアンス(シンガポール国立大学)

  5. 量子技術への新たな一歩として、科学者たちは「輝く」量子ビットを合成する(シカゴ大学)

  6. JETROおよび京都リサーチパーク ヘルスケア分野に特化した英語ピッチイベント HVCKYOTO 2020開催

  7. 脳回路をリアルタイムでマッピングする方法(カリフォルニア工科大学)

  8. カエルたちの鳴き止ませるため環境DNAを利用 メルボルン大学

  9. 炎症を起こす遺伝子が肥満リスクの手掛かりに(クイーンズランド大学)