【プレスリリース】都市内湾域の生物活動による二酸化炭素吸収メカニズムを解明 −都市内湾の生物活動による気候変動対策の可能性−

都市化された内湾域が大気中の二酸化炭素(CO_)の吸収源であることは先行研究から示唆されていましたが、その規定要因に関する正確な評価はなされていませんでした。国立環境研究所・地球環境研究センターの所立樹特別研究員らと、港湾空港技術研究所、静岡大学、大阪市立大学の共同研究チームは、篤志貨物船(商船)や調査船の観測データを基に、2005年から2016年(大阪湾は2011年から)の東京湾・伊勢湾・大阪湾の湾内とその周辺海域の海洋生物活動による大気中CO_の吸収量を初めて明らかにしました。研究の結果、これらの内湾では沿岸域としては世界でも有数のCO_吸収域であることが明らかとなりました。また海洋生物活動による大気中CO_の吸収量は内湾域の吸収量の最大で約3割を占めており、湾内に流入する適度の栄養塩を含んだ下水処理水が活発な海洋生物活動を促進していることが主要な要因となっていました。沿岸域では今後も世界的に人口増加や産業の拡大を伴う都市化が進むことが予測されていますが、本研究で得られた知見は、都市化に対応した下水処理により、有機物を効果的に除去する一方、適度の栄養塩濃度を保つことが炭素循環を通じた将来の気候変動対策の一つになりうることを示唆しています。
本研究成果は、海洋学分野の学術誌「Journal of Geophysical
Research-Oceans」に2021年5月13日付でオンライン先行公開されました。

静岡大学

参照ページリンク:https://www.shizuoka.ac.jp/news/detail.html?CN=7307

関連記事

  1. 総合政策学部坂田隆文ゼミ生が中部経済同友会「教育を考え行動する委員会」の活動に参加

  2. 【今後の行事】第22回創発セミナー「科学技術を社会の側から考える」

  3. 武部貴則教授(統合研究機構)がAmerican Society for Clinical Investigation(ASCI)の会員に選出されました

  4. 薬草へのいざない—薬用植物園でくすりについて学ぶ for 高校生—

  5. 3年生向け就職セミナーが始まりました

  6. 2021年8月9日オープンキャンパス開催レポート

  7. 食健康学科1期生考案!『”あなたに届けたい”私たちの応援レシピ:災害編』が発刊されました

  8. 自主講座【「私」の中に社会が映る〜高校生のための社会心理学〜】開催のお知らせ

  9. 薬のいらない世界を目指す、ライフサイエンス系東工大発ベンチャー「メディギア・インターナショナル」株式投資型クラウドファンディングを開始