ブロックチェーン活用のLiDARネットワーク基盤を京都大学らと産学連携にて開発&社会実験開始

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、新熊亮一教授(現、学校法人芝浦工業大学(東京都江東区)、2020年度まで国立大学法人京都大学(京都市左京区、以下、京大))らと、ブロックチェーンを活用したLiDARネットワーク基盤のシステムソフトウェアを開発し、2021年4月1日より京大図書館等での社会実験を開始したことを本日発表しました。
当基盤は複数の場所に設置されたイメージセンサのデータを統合することで「死角ゼロ」を実現し、自動運転車や宅配ロボット、警備ドローンなどのさらなる性能向上や、イメージデータの新たな利用用途の創造を目的としています。当社会実験では、実地のデータを取得・共有し、AIの学習を進め、2023年3月までの産業化を目指し、基盤技術のいっそうの改善をおこなっていく。

●開発背景:自動運転やスマートシティの実現に重要なイメージセンシングネットワーク基盤技術
今回開発をおこなっている基盤技術は国立研究開発法人科学技術振興機構(以下 JST)の戦略的創造研究推進事業「さきがけ」による研究成果として生み出されました。そして、社会実験は国立研究開発法人 情報通信研究機構(以下 NICT)の委託研究「データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)」の一環として実施されます。
画像や3Dイメージデータは大容量であり、ネットワークに負荷をかけてしまうという課題に対し、従来は人の目の見え方に基づいた圧縮がおこなわれてきましたが、AIの目に基づいてデータを軽量化するという斬新で独創的な技術への取り組みが評価され、スマートシティなどで広く使われる技術となることが期待されています。
自動運転において、車両に搭載されたカメラだけで衝突予測をおこなうには困難が伴います。カメラでは交差点の先や物陰といった死角や、遠く離れた場所を認識できないためです。この課題を解決するため、道路に設置されたカメラから、情報を補う方法が考えられます。イメージデータを共有することによって、解決できる課題は他にいくつもあります。本開発では、このような活用を視野に入れて、自動運転やスマートシティなど未来の社会における重要な要素となる技術の開発をおこなっていきます。

●現状:基盤技術を開発完了、自動運転やスマートシティの実現に向けた社会実験に踏み出し
本基盤は、複数のイメージセンサ(LiDAR※1やカメラ)から取得したデータを統合した広範囲に渡るデータを、ブロックチェーンによってリアルタイムに保護した状態で共有できるようにし、AIによる予測検知や、自律制御のためのデータ共有などへ応用可能にしたものです。屋外では自動車や、ロボット、ドローンの自律移動における制御への応用、屋内では犯罪・事故・三密の予測検知への応用が期待されます。
本開発は、主として京大、株式会社エクサウィザーズ(東京都港区)、ガイアックスによるもので、2020年3月まで研究室レベルの開発がおこなわれました。ガイアックスはブロックチェーン技術および、クラウド技術を使ったデータ共有基盤を担当しています。

本基盤で扱う、AIへの学習データや、事故予測といった、改ざんが発生すると事故につながる領域において、ブロックチェーンを使いリアルタイムにデータの正しさを担保することによって、改ざん耐性を持たせています。また、一般的にブロックチェーンはリアルタイムな処理について苦手としていますが、独自のアグリゲーション技術※2を開発し、最小限の遅延で改ざん耐性をもたせることの実現を目指します。
今後の社会実験では、エリアを増やしながら、データの利活用の検討から産業化へ向けて、産学共同での研究・開発を進めていきます。

※1:光センサーを用いて、3次元の形状が取得できるカメラ。自動運転のセンサーとしてよく使われており、iPhone12やiPadのPro以上の機種にも搭載され、暗闇でのカメラのフォーカス調整や、3D物体スキャナとして使われています。
※2:データを最適な量に集約する技術のこと。本基盤では、多くのデータを集約すると遅延が発生するため、最適化処理をおこなっています。

●社会実験概要
実施場所
・京都大学桂図書館(京都市西京区)
・京都リサーチパーク地区(京都市下京区)
・百万遍交差点北(京都市左京区 エクサウィザーズ京都オフィス前)
実施時期: 2021年4月から2022年3月
実施内容:
これまでに開発してきたシステムを稼働させ、実地での複数LiDARを用いた3Dイメージデータの取得ならびにそれらを統合したネットワーク基盤の構築し、実環境での稼働実験を実施します。
実施目的
・京都大学桂図書館: 三密の検知・京都リサーチパーク地区・百万遍交差点北: 交通事故のリスク予測

■社会実験お問合せ先
・社会実験全般に関するお問い合わせ
芝浦工業大学工学部情報工学科 教授 新熊亮一(しんくまりょういち) shinkuma@shibaura-it.ac.jp

・ブロックチェーンに関するお問い合わせ
株式会社ガイアックス ブロックチェーン担当マネージャー 峯荒夢(みねあらむ) aram.mine@gaiax.com

■​関連URL
国立大学法人 京都大学 https://www.kyoto-u.ac.jp/
芝浦工業大学 https://www.shibaura-it.ac.jp/
国立研究開発法人 科学技術振興機構https://www.jst.go.jp/kisoken/presto/project/1112079/1112079_2018.html
国立研究開発法人 情報通信研究機構https://www.nict.go.jp/info/topics/2020/05/26-1.html
Blockchain Biz https://gaiax-blockchain.com/

■株式会社ガイアックス 会社概要
設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/

※写真はイメージです。

参照ページリンク:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000423.000003955.html

関連記事

  1. アースデイ東京2021に環境科学科の学生が登壇

  2. 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社が株式会社JiMEDへの投資を実行

  3. 中嶋健教授が2021年度日本表面真空学会 学会賞を受賞

  4. 令和3年度平原和朗地震学講座(前期) 〜 地震学の基礎(地震がわかる)〜

  5. 3月27日(土)オープンキャンパス【来場型】の申込受付を開始しました

  6. 房総半島を楽しむ旅を学生たちが企画 産学連携で実現、一般参加者50名を案内

  7. お父さんに聞いてほしい、子どもの発達と子育ての話(オンライン公開講座)

  8. 6月23日(水)オンライン配信による公開講座を開催しました

  9. スポーツで地域活性化 名古屋市が産官学協定