日本メナード化粧品、名古屋大学が品種改良した米に肌のバリア機能を高め、肌荒れを防ぐ効果を発見!

日本メナード化粧品株式会社(愛知県名古屋市中区丸の内3-18-15、代表取締役社長:野々川 純一)は、国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学(愛知県名古屋市不老町、総長:松尾 清一、以下「名古屋大学」)との共同研究によって、名古屋大学が品種改良した米からメナードの抽出技術によって抽出したエキス(コメエキスNU)に、肌のバリア機能を高め、肌荒れを防ぐ効果を発見したことを発表しました。

  • 産学連携によるものづくり推進

メナードは、2013年に名古屋大学大学院医学系研究科に「名古屋大学 メナード協同研究講座」を開設し、名古屋大学が保有している多くの研究資源とメナードが培ってきたものづくりのノウハウを融合させることで、産学連携したものづくりを推進して参りました。

  • 名古屋大学が品種改良した米からメナードの抽出技術によって抽出したコメエキス

日本では、古くから米ぬかや米のとぎ汁が美容に良いとされてきました。メナードではこの米の効果に着目し、今回、名古屋大学が品種改良した数多くの品種の米から厳選したものを用いて、独自の抽出技術によってエキスを抽出しました。このコメエキス(以下「コメエキスNU」)に、肌荒れを予防する効果を見出しました。

  • コメエキスNUに肌のバリア機能を高め、肌荒れを防ぐ効果を確認

肌のバリア機能は、外界から細菌や刺激物などの異物が肌内部へ侵入することを防ぎ、また、うるおいを保つためにも重要です。今回開発した「コメエキスNU」には、この肌のバリア機能に関わるタンパク質であるフィラグリン*1とオクルディン*2の産生を高める効果があることが分かりました。さらに、コメエキスNUを配合したハンド美容液を1か月間使用したところ、手指の肌荒れを予防する効果があることが分かりました。
*1 フィラグリン 肌の保湿や角質層の形成に関わる重要なタンパク質の一種。
*2 オクルディン 表皮の細胞同士を強固につなぎ、外界からの異物侵入を防ぐ重要なタンパク質の一種。

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000048666.html

※写真はイメージです。

関連記事

  1. 【企業情報学部】前川研究室/ゼミがサービス開発により『下諏訪町デジタルアルバム』を支援

  2. 令和3年度 オープンキャンパス・学校相談会の日程のお知らせ

  3. 理工学部の道正教授にベトナム国立交通運輸大学から国際会議の基調講演者としての参加証明書

  4. 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社が株式会社JiMEDへの投資を実行

  5. 日本学術振興会令和4(2022)年度 外国人研究者招へい事業募集

  6. 薬剤耐性肺がんに有効な抗がん剤シードの開発

  7. 学習障害はアルツハイマー病の記憶喪失に先行する可能性がある(モナッシュ大学)

  8. 令和3年度の教育政策リーダーコースのオリエンテーション等をハイフレックス型で開催しました

  9. 東京農工大学農学部府中キャンパスにおいて日本木材学会・日本森林学会公開合同シンポジウム「シン(新・森)時代の森林・木材」を開催