千葉大学の産学官連携の新拠点 IMO棟をオープン

千葉大学は、産学官連携・研究推進・ベンチャー支援の新拠点として「IMO棟」を、令和3年4⽉1⽇(⽊)、西千葉キャンパスにオープンしました。

■学術研究・イノベーション推進機構(IMO)とは

令和2年4月、イノベーション創出と研究支援・産学連携機能の強化を目的に、学術研究・イノベーション推進機構(Academic Research & Innovation Management Organization: IMO)を設置しました。URAの配置や企業等とのコーディネート活動の強化等により、産業連携研究の推進に向けた様々な取り組みを実施する体制を整備している。

■誰でも利用できるオープンスペース

令和3年4月、IMOは既存の2つの建物を整備し、誰でも気軽に利用できるオープンスペースを有するIMO棟をオープンした。
1階には、学内外の研究者、中小・ベンチャー企業、起業家、学生などの交流を目的に、一般の人々も利用できるオープンスペースを設置。打ち合わせ等に便利な「オープン・イノベーションスペース」や、多目的な用途で利用できる「イベントルームA・B」(定員各48名、20名)があるとのこと。

■イノベーション・エコシステムの構築へ

IMOは産学官連携に必要な機能を集約し、研究推進基盤やベンチャー支援の体制を強化することで、サステナブルなイノベーション創出を目指す。
1.千葉大学の研究成果や技術・知的財産・人材を活かした共同研究や受託研究を実施します
2.次世代に向けた新たなシーズを育成し、ベンチャー支援、地域産業との連携強化を推進します
3.産学官交流・連携を促進します
4.URAを中心に、千葉大学の学術研究推進のための支援を行います
と、発表。

千葉大学学術研究・イノベーション推進機構(IMO)ウェブサイト:https://imo.chiba-u.jp/

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000479.000015177.html

※写真はイメージです。

関連記事

  1. 3月27日(土)オープンキャンパス【来場型】の申込受付を開始しました

  2. (研究成果の発表)DNAが酵素活性を増強する新機能の発見—未知の生命現象の一端を掴んだ!診断技術開発へも展開—

  3. 「国際交流プログラムにおける評価システムの構築」に関する産学連携プロジェクトが始動

  4. 肥満度と大腸がんリスクの関連:アジア人初のゲノム疫学研究からの成果

  5. 「イノベーション・ジャパン2020 ~大学見本市Online~」― 国内最大級産学マッチングイベント オンラインにて開催 ―

  6. 参加者募集:キリスト教と福祉 オンライン研究会「コロナ禍における地域共生と教会」

  7. 2021 オープンキャンパス 受付開始

  8. 教員採用情報をアップロードしました

  9. 後藤めぐみさん(機械知能システム学専攻博士前期1年)が第71回日本木材学会大会において学生優秀口頭発表賞を受賞