36.6万人規模の大規模ゲノムコホートを構築 個別化医療・個別化予防の早期実現に向けて国内6研究機関が連携 データの相互利活用により次世代医療の早期実現へ貢献可能

岩手医科大学

参照ページリンク:https://www.iwate-med.ac.jp/news/n5-research/21052701-soumu/

関連記事

  1. 細胞内抗体プローブを用いて遺伝子の転写が活性化している細胞を生体内で特定することに成功

  2. 【研究成果】MSMD患者における多発性骨髄炎の発症メカニズムを解明〜破骨細胞の過剰な活性化を介して多発性骨髄炎が発生する可能性を発見〜

  3. 文部科学省「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」に本学の2件がそろって採択されました

  4. 共有結合性有機骨格(COF)のサブミリメートル単結晶を開発 サイズ制御因子の解明と世界最大のCOF単結晶成長

  5. スマートポートにむけた統一プログラミングスタンダードのための新しいグローバルアライアンス(シンガポール国立大学)

  6. 理工学部教授 中村 太郎:、日本機械学会ロボメカ部門優秀論文表彰を受賞

  7. こども学科こどもの歌のCDおよびDVDのご案内

  8. 2021年度 公開講座のお申込を開始しました

  9. 大腸がんリスク因子の特定に期待!世界初コリバクチンの化学構造の全容解明に成功