会津大学の研究者の論文が米国音響学会(ASA)の学会誌に掲載されました

ASAは2021年3月17日に学会誌をオンラインで発表し、この学会誌に会津大学のヴィジェガス
ジュリアン准教授が中心となって行った研究が掲載されました。
この論文はロンバード効果(騒音下で現れる発話時の声質や口調の変化)における状況と母語の影響について報告したものです。
学会誌の詳細名称:米国音響学会誌(JASA)※出版日:2021年3月17日 掲載された論文の詳細題名:Effects of task and
language nativeness on the Lombard effect and on its onset and offset
timing著者:ヴィジェガス ジュリアン (コンピュータ芸術学講座)パーキンズ ジェレミー 、ウイルソン イアン
(語学研究センター)論文へのリンク: https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/10.0003772
※The Journal of the Acoustical Society of
America(JASA)は、1929年の創刊以来、「音」という幅広い分野における理論的・実験的な研究成果を掲載しており、物理学者、生命科学者、エンジニア、心理学者、生理学者、建築家、音楽家、音声コミュニケーションの専門家の主要な情報源となっています。
“impact factor – 1.780 / 過去5年間 – 1.908″詳細は
https://asa.scitation.org/journal/jas をご覧ください。

引用元ページリンク:https://www.u-aizu.ac.jp/information/asa.html

会津大学 

関連記事

  1. 【研究成果】宇宙の灯台「かにパルサー」に隠れていたX線のきらめき〜巨大電波パルスに同期したX線増光の検出に成功〜

  2. 学習障害はアルツハイマー病の記憶喪失に先行する可能性がある(モナッシュ大学)

  3. 南洋理工大学(NTU)シンガポールの科学者が 果物の皮で古い電池を新しい電池に変える

  4. 5月16日(日)ミニキャンパス見学会の開催決定!

  5. NUSのチームがスマートフォンからワイヤレスで動力を得られる スマートスーツを開発(シンガポール国立大学)

  6. 学生有志が「長大サミット」をオンラインで実施しました」

  7. [電気工学科]田島教授の技術を実用化するベンチャー企業 株式会社Blue Force

  8. 公開講座NCPR スキルアップコース(Sコース)を実施しました! 2021.3.6

  9. 〈お知らせ〉陸上競技部と株式会社フィリップス・ジャパンが「アンバサダー契約」を締結