日刊工業新聞に沖上級副学長の連載寄稿(第21回)が掲載されました

2月9日付の日刊工業新聞で、持続可能な開発目標(SDGs)に関する連載コラム「未来を考える」に沖大幹上級副学長の寄稿が掲載されました。
本連載では、国連大学の沖上級副学長を始め、国連機関内外の複数の有識者が様々な視点からSDGsについて解説・分析します。
第21回目の記事では、SDGsやESG(環境・社会・ガバナンス)投資の必要性が企業や社会に広く受け入れられるようになった背景について、解説しています。
記事はこちらからご覧ください。

引用元ページリンク:https://jp.unu.edu/news/announcements/prof-oki-nikkan-kogyo-series-21.html

 

関連記事

  1. 静岡産業大学スポーツ科学部長の選任について

  2. ユニークな化学物質が鉄鉱石の採掘廃棄物から鉄鉱石を回収するのに役立つ(西オーストラリア大学)

  3. 三重県警察本部から二度目の感謝状(COC)

  4. 脳回路をリアルタイムでマッピングする方法(カリフォルニア工科大学)

  5. 精子形成に重要なヒストンによるDNAの新たな折りたたみを解明

  6. 学習障害はアルツハイマー病の記憶喪失に先行する可能性がある(モナッシュ大学)

  7. ハーバード・イノベーション・ラボが同窓生主導のベンチャー企業を発表

  8. 2020年度の「大学発ベンチャー表彰」の受賞者決定

  9. 教職員採用情報を更新しました【2月19日】