香川大学 NTTドコモとの連携協定を締結

国立大学法人香川大学と株式会社NTTドコモは、アカデミア人材の知見とIoT、AIなどの先端技術を融合し地域課題解決に取り組むことを目的として、令和3年1月28日(木)に連携協定を締結。連携事項は、次のとおりです。

(1)産業創出と維持、発展に関する事項
(2)地域に根差した新たな学び方、働き方の実現に関する事項
(3)豊かで安全な暮らしの実現に関する事項
(4)その他、IoT・AI等の先端技術の利活用による地域課題解決に関する事項

社会全体のデジタルトランスフォーメーションの推進、実装が求められるなか、今後、香川大学とNTTドコモは相互に連携と協力を図り、地域に根差した新たな学び方、働き方の実現などに取り組んでまいります。

協定締結式は、幸町北キャンパスOLIVE SQUARE2階の多目的ホールで執り行われました。各代表者(筧学長、株式会社NTTドコモ三ケ尻執行役員四国支社長)から挨拶、城下副学長から本協定の概要説明があった後、協定書への署名、記念撮影が行われました。
また、NTTドコモのスマートグラス「AceReal」について実演をまじえての紹介がありました。筧学長からは、「AceReal」等の最先端の機器は、本学の教育・研究の様々な場面で活用が期待できるとの発言がありました。

本連携協定は教育・研究・社会貢献の3分野にわたる広い分野の協定となっており、相互の持ち味を融合させ、新たな付加価値を地域に還元していく過程で、地域人材育成にも大きく寄与することとなります。

参考:https://www.kagawa-u.ac.jp/25766/

関連記事

  1. 共有結合性有機骨格(COF)のサブミリメートル単結晶を開発 サイズ制御因子の解明と世界最大のCOF単結晶成長

  2. 6月23日(水)オンライン配信による公開講座を開催しました

  3. 医療関係者対象公開講座(看護実践セミナーについて)

  4. 【戦略情報室】令和3年4月より体制強化!看板上掲式を挙行しました。

  5. スポーツで地域活性化 名古屋市が産官学協定

  6. 名寄市立大学教員インタビュー|大学情報|名寄市立大学

  7. 日本経済新聞の「採用を増やしたい大学ランキング」にて本学が全国5位に選ばれました

  8. 名誉教授称号を授与しました

  9. AIで匂い分析、長崎大発ベンチャーに出資 ふくおかFG系