香川大学 NTTドコモとの連携協定を締結

国立大学法人香川大学と株式会社NTTドコモは、アカデミア人材の知見とIoT、AIなどの先端技術を融合し地域課題解決に取り組むことを目的として、令和3年1月28日(木)に連携協定を締結。連携事項は、次のとおりです。

(1)産業創出と維持、発展に関する事項
(2)地域に根差した新たな学び方、働き方の実現に関する事項
(3)豊かで安全な暮らしの実現に関する事項
(4)その他、IoT・AI等の先端技術の利活用による地域課題解決に関する事項

社会全体のデジタルトランスフォーメーションの推進、実装が求められるなか、今後、香川大学とNTTドコモは相互に連携と協力を図り、地域に根差した新たな学び方、働き方の実現などに取り組んでまいります。

協定締結式は、幸町北キャンパスOLIVE SQUARE2階の多目的ホールで執り行われました。各代表者(筧学長、株式会社NTTドコモ三ケ尻執行役員四国支社長)から挨拶、城下副学長から本協定の概要説明があった後、協定書への署名、記念撮影が行われました。
また、NTTドコモのスマートグラス「AceReal」について実演をまじえての紹介がありました。筧学長からは、「AceReal」等の最先端の機器は、本学の教育・研究の様々な場面で活用が期待できるとの発言がありました。

本連携協定は教育・研究・社会貢献の3分野にわたる広い分野の協定となっており、相互の持ち味を融合させ、新たな付加価値を地域に還元していく過程で、地域人材育成にも大きく寄与することとなります。

参考:https://www.kagawa-u.ac.jp/25766/

 

関連記事

  1. 法学類月報第84号を発行しました

  2. 薬のいらない世界を目指す、ライフサイエンス系東工大発ベンチャー「メディギア・インターナショナル」株式投資型クラウドファンディングを開始

  3. “デジタルネイティブ世代が考える未来の百貨店の姿とは”三越伊勢丹と立正大学の産学連携プロジェクトで新しい百貨店のマーケティング戦略を発表

  4. JETROおよび京都リサーチパーク ヘルスケア分野に特化した英語ピッチイベント HVCKYOTO 2020開催

  5. 西オーストラリア大学の研究者が交通調査を自動化する 新しいソフトウェアを設計

  6. 自然災害による被災相談窓口の設置について

  7. タンパク質の3次元構造を決定するためのソフトウェア(プリンストン大学)

  8. 情報メディア学科学生が行政書士動画を制作しました

  9. 千葉県内の5つの大学・短期大学が産学官連携プログラム「ちば仕事研究塾2020 夏」を開催