公立大学法人山梨県立大学と藍澤證券株式会社が産学連携に関する業務協力覚書を締結

覚書の概要

山梨県立大学とアイザワ証券は、両者が持つノウハウ、ネットワークを活かした域外連携(クロスボーダー連携)を行うことで、これまで以上のサービス提供を行い、地域活性化へ貢献することを目的とし、産学連携に関する業務協力覚書を締結した。
本覚書締結により、本学の資源や機能、地域における活動に、アイザワ証券の国内外に広がる連携ネットワークを活用することで、更なる地域社会の活性化を図ることを目的としている。

産学連携に関する業務協力覚書の内容について

(1)本学の地域と連携した教育・研究活動に対する、アイザワ証券の支援
(2)アイザワ証券の地域活性化事業に対する、本学の持つ研究・教育等のシーズを活用した協力
(3)本学の学生を対象としたインターンシップ制度に関する連携
(4)そのほか業務協力にかかる必要事項の情報交換
(5)前各号に寄与するための各種アンケート調査、セミナー・講習会の開催

参考:http://www.yamanashi-ken.ac.jp/news/29345.html

 

関連記事

  1. 学習障害はアルツハイマー病の記憶喪失に先行する可能性がある(モナッシュ大学)

  2. 産学連携でウィズコロナ時代の中小企業経営をサポート中小企業向け無料オンラインセミナー開催

  3. 【一部オンライン開催】福井大学 新技術説明会

  4. データサイエンス分野の発展を戦略的に促進するため「データサイエンス系大学教育組織連絡会」を設立

  5. 環境に関するトップレベルの課題に取り組むための新たなナショナル・ハブ(西オーストラリア大学)

  6. 外出先での歩行解析のための新しいセンサシステムを開発(シンガポール国立大学)

  7. T H E世界大学ランキング2021 東京大学36位 京都大学54位

  8. ユニークな化学物質が鉄鉱石の採掘廃棄物から鉄鉱石を回収するのに役立つ(西オーストラリア大学)

  9. シンガポール国立大学(NUS) の研究者が新しいスマートゲームグローブを開発