東北大学「スタートアップ・ユニバーシティ宣言」 ~国内大学初のベンチャー創出支援パッケージを創設し、スタートアップの創出と起業家人材の育成を加速化させていきます~

【概要】

新産業創出や地域活性化が求められる中で、社会変革の原動力となるスタートアップの創出とアントレプレナーシップ育成の重要性が増している。この認識のもと、東北大学は、「スタートアップ・ユニバーシティ宣言」を行い、以下の取り組みを実施する。

国内大学初のベンチャー創出支援パッケージの創設

(1) 大学発ベンチャーの経営者候補人材を確保するため、東北大学版EIR(Entrepreneur in Residence)制度を創設。本学でアントレプレナーシップの育成やベンチャー支援業務に携わりながら、いわば「住み込み」で、本学研究成果を活用した起業を目指してもらうことが狙い。

(2) 起業を目指す本学学生を支援するために、「東北大学アクセラファンド」を創設し、事業化に必要な資金を提供する。学生は資金提供と並行して、専門家によるメンタリングなど起業に向けたアクセラレーションプログラムを受けることができる。

(3) 東北大学の同窓会組織である萩友会と連携し、東北大学スタートアップ・アルムナイ(同窓会起業家クラブ)を組織化する。東北大学スタートアップ・アルムナイでは、ソーシャルネットワーク(SNS)を活用することにより、本学発ベンチャーに興味のある卒業生との接点を増やし、支援者・経営者候補の裾野を広げる。また、「東北大学スタートアップアドバイザー」制度を創設し、産業界で活躍する本学卒業生が起業を目指す研究者・学生の事業化検証に必要なコンサルティングを実施する。

わが国初の広域的な大学発ベンチャーファンドの設立

東北大学ベンチャーパートナーズ(株)(東北大学100%出資)は、本年10月26日に東北6県に新潟を含めた7県の国立大学発ベンチャーを主な投資対象とするTHVP-2号投資事業有限責任組合(以下、「2号ファンド」という。)を設立した。2号ファンドを通じて、大学発ベンチャーに投資を行うことで、新産業の創出と地域活性化に貢献する。

なお、2号ファンドでの投資を進めるにあたっては、「東北地域ベンチャー支援エコシステム連絡協議会」を設立し、東北大学が構築したシームレスなベンチャー支援の経験を東北6県に新潟を含めた7県の大学で共有していく。

参考:https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2020/10/press20201029-02-start.html

関連記事

  1. 神戸大学-大阪工業大学連携 大学発ベンチャー起業支援に関するメディア向け説明会を開催しました

  2. 南洋理工大学(NTU)シンガポールの科学者が術後の早期回復と痛み軽減のための「バイオラバー」接着剤を開発

  3. スタンフォード大学の研究者たちは、記憶力の低下を注意力の欠如やメディアのマルチタスクと関連づけている

  4. 脳回路をリアルタイムでマッピングする方法(カリフォルニア工科大学)

  5. スマートポートにむけた統一プログラミングスタンダードのための新しいグローバルアライアンス(シンガポール国立大学)

  6. JETROおよび京都リサーチパーク ヘルスケア分野に特化した英語ピッチイベント HVCKYOTO 2020開催

  7. クラウドソーシングによるオプトジェネティクス(光遺伝学)データからみる神経疾患への取り組み(ペンシルベニア大学 )

  8. CREST「人工知能」領域 第3回成果展開シンポジウム

  9. 世界で最も強力な望遠鏡への資金援助 オーストラリア国立大学