株式会社マクロミルと二松学舎大学が「国内における食品購買に関する実態調査-新型コロナ禍で伸長するレトルトカレー市場の動向を中心として-」報告書をリリースしました。

 二松学舎大学と株式会社マクロミルは、「国内における食品購買に関する実態調査-新型コロナ禍で伸長するレトルトカレー市場の動向を中心として-」の報告書をリリースした。二松学舎大学の小具龍史准教授が担当する株式会社マクロミルと二松学舎大学の産学連携による講座「経営実践B」の中で実施した調査研究の分析結果となる。 2020年5月~7月に実施された今回の講座では、ハウス食品グループの協力を得て、国内のレトルトカレー市場と企業の課題について考えるオンライン形態によるPBL授業(Project-Based Learning、プロジェクト学習)を実施した。その一環として、レトルトカレーに対する消費者の購買行動や喫食の状況、商品に対する評価や要望などについてマクロミルモニターを対象にインターネット調査を実施した。

 調査の結果、「レトルトカレー」の1年以内の購入割合は、全体で56%を占め、購入率は「ハウス食品」が最多だった。また購入チャネルは年代、地域問わず「スーパー」が大多数を占めた。購入の際に重視する点は、「価格」「自分好みの味」「辛さ」が上位3要素で特に高い結果となった。この度の調査データは、今後の市場や企業の方向性などを検討する実証的な材料として、実際に講座の中でも活用された。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000059441.html

 

関連記事

  1. コロナ禍で卒業する看護学生へB’z松本孝弘さんからの応援歌の寄贈について

  2. AIで匂い分析、長崎大発ベンチャーに出資 ふくおかFG系

  3. 東北大とKDDI、「大学発ベンチャーの支援を通じた地域の人づくり」で協定

  4. 武部貴則教授(統合研究機構)がAmerican Society for Clinical Investigation(ASCI)の会員に選出されました

  5. 千葉県内の5つの大学・短期大学が産学官連携プログラム「ちば仕事研究塾2020 夏」を開催

  6. 2月20日に「震災満10年を考える講演会」東日本大震災から学ぶ私たちの未来〜満10年を迎える東北の被災地に私たちが学ぶべきこと〜を開催

  7. 関電工、東京電機大と連携協定/強靭性向上へ共同研究

  8. 昭和女子大学初の学生ベンチャー企業設立 乳幼児の育児サポートシステム会社「Tapirus」創業

  9. 産学連携で開発した日本初の熟成食材製造用「エイジングシート」が「九都県市のきらりと光る産業技術表彰」受賞