スポーツで地域活性化 名古屋市が産官学協定

 名古屋市は16日、名城大学とプロフットサルクラブの名古屋オーシャンズ(名古屋市)と協定を結んだ。産官学の連携でスポーツを通じた地域活性化を図る。大学にオーシャンズの選手が来たり、地域でスポーツ教室を開いたりといった事業を想定している。市がスポーツを通じた地域活性化で産学官の協定を結ぶのは初めて。

 名古屋市を含む愛知県では2026年のアジア競技大会開催が決まっている。県や市は体育館をはじめ施設整備に動いている。今回の産官学連携をきっかけに、同大会に向けた市民のスポーツ意識を高める狙いもあるという。

 16日、名城大学で名古屋市の河村たかし市長と名城大学の立花貞司理事長、名古屋オーシャンズの櫻井嘉人社長らが協定の締結式に出席した。河村市長はオーシャンズが昨年度のアジアクラブ選手権のチャンピオンに輝いたことに言及し「フットサルやスポーツの魅力を市民に広げてほしい」と述べた。櫻井社長は「地域活性化、人材育成に協力したい」と意気込んだ。

参考:http://www.nagoyaoceans.com/news/pressrelease/53867.html

関連記事

  1. “デジタルネイティブ世代が考える未来の百貨店の姿とは”三越伊勢丹と立正大学の産学連携プロジェクトで新しい百貨店のマーケティング戦略を発表

  2. 近畿大学経営学部×株式会社モリサワ 産学連携コラボ授業 UDフォントで「伝わる」プレゼン資料を作成

  3. 学校法人のDX推進に向けて、New Innovationsと学校法人智辯学園が産学連携〜オンライン授業や新たな決済システムの導入などを担当〜

  4. 「人生 100 年時代・課題解決コンソーシアム」の創設について -異業種企業と大学が連携し長寿社会の課題解決へ-

  5. デジタルハリウッドSTUDIO米子、中国地方を中心にスーパーマーケットを展開するマルイと産学連携包括協定を締結

  6. 千葉県内の5つの大学・短期大学が産学官連携プログラム「ちば仕事研究塾2020 夏」を開催

  7. スマート農業、秋田に新拠点 産学官連携し先端技術開発や人材育成へ

  8. 帝人、広島大学発ベンチャーに出資、ヘルスケア事業を強化

  9. 神田外語大学では2020年 後期より株式会社イオン銀行と協力し産学連携で寄付講座「金融リテラシー講座」をオンライン授業にて開講