スポーツで地域活性化 名古屋市が産官学協定

 名古屋市は16日、名城大学とプロフットサルクラブの名古屋オーシャンズ(名古屋市)と協定を結んだ。産官学の連携でスポーツを通じた地域活性化を図る。大学にオーシャンズの選手が来たり、地域でスポーツ教室を開いたりといった事業を想定している。市がスポーツを通じた地域活性化で産学官の協定を結ぶのは初めて。

 名古屋市を含む愛知県では2026年のアジア競技大会開催が決まっている。県や市は体育館をはじめ施設整備に動いている。今回の産官学連携をきっかけに、同大会に向けた市民のスポーツ意識を高める狙いもあるという。

 16日、名城大学で名古屋市の河村たかし市長と名城大学の立花貞司理事長、名古屋オーシャンズの櫻井嘉人社長らが協定の締結式に出席した。河村市長はオーシャンズが昨年度のアジアクラブ選手権のチャンピオンに輝いたことに言及し「フットサルやスポーツの魅力を市民に広げてほしい」と述べた。櫻井社長は「地域活性化、人材育成に協力したい」と意気込んだ。

参考:http://www.nagoyaoceans.com/news/pressrelease/53867.html

関連記事

  1. JETROおよび京都リサーチパーク ヘルスケア分野に特化した英語ピッチイベント HVCKYOTO 2020開催

  2. 学生がシェアハウスの住人募集を始めました

  3. 千葉県内の5つの大学・短期大学が産学官連携プログラム「ちば仕事研究塾2020 夏」を開催

  4. 情報メディア学科学生が行政書士動画を制作しました

  5. 「イノベーション・ジャパン2020 ~大学見本市Online~」― 国内最大級産学マッチングイベント オンラインにて開催 ―

  6. 【一部オンライン開催】福井大学 新技術説明会

  7. 法学類月報第84号を発行しました

  8. 神田外語大学では2020年 後期より株式会社イオン銀行と協力し産学連携で寄付講座「金融リテラシー講座」をオンライン授業にて開講

  9. 関電工、東京電機大と連携協定/強靭性向上へ共同研究