AIで匂い分析、長崎大発ベンチャーに出資 ふくおかFG系

 ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下のベンチャーキャピタル(VC)、FFGベンチャービジネスパートナーズ(福岡市)は9日までに長崎大学発ベンチャー企業のレボーン(東京・渋谷)に出資した。同社は人工知能(AI)を使って匂いを分析する技術を開発している。

 同社が実施した第三者割当増資を、ベンチャーキャピタルのジーエックスパートナーズ(GxP、福岡市)と共同で引き受けた。出資額は非公表だが、全株式の1割程度を取得したとみられる。

 レボーンは独自に開発したセンサーなどで「香り」をデータ化している。すでに1万件を超す香りを数値化したデータベースを持ち、AIを組み合わせて「香りの検索エンジン」の構築を目指す。匂いの識別を人力に頼ってきた食品などの産業で利用を見込む。調達した資金は開発費や人材の獲得に振り向ける。大手企業などと実証実験に取り組み、2021年にも食品の品質検査や工場の安全管理などの用途で実用化を目指している。

参考:http://www.ffg-venture.co.jp/common/pdf/news/20201007_fvp.pdf

関連記事

  1. NECと九州大学、「データドリブン型社会」の実現に向けて連携協定を締結~個人同意に基づき、伊都キャンパス内でデータ利活用の実証実験を開始~

  2. 帝人、広島大学発ベンチャーに出資、ヘルスケア事業を強化

  3. Osaka Metro×大阪芸術大学 産学連携の取り組み『X’mas マンガデザイン Museum 2020』

  4. 工学院大学、米粉麺を産学連携で開発  ~グルテンフリーの体にやさしい無添加食品~

  5. 千葉県内の5つの大学・短期大学が産学官連携プログラム「ちば仕事研究塾2020 夏」を開催

  6. 「産学連携オンラインマッチングEXPO」を開催

  7. 関電工、東京電機大と連携協定/強靭性向上へ共同研究

  8. データサイエンス分野の発展を戦略的に促進するため「データサイエンス系大学教育組織連絡会」を設立

  9. 産学連携で開発した日本初の熟成食材製造用「エイジングシート」が「九都県市のきらりと光る産業技術表彰」受賞