産学連携でウィズコロナ時代の中小企業経営をサポート中小企業向け無料オンラインセミナー開催

 コロナ禍による経済へのダメージが深刻化する中、追手門学院大学大学院(大阪府茨木市、大学院長:金川 智惠)の経営・経済研究科では、中小企業の経営を支援しようと、ウィズコロナ時代の経営強化と後継者の育成を目的としたセミナーを10月1日より全4回に分けてオンラインで開催する。

 本セミナーは、一般社団法人情報セキュリティ関西研究所(大阪市中央区、代表理事:金森 喜久男)と本学の卒業生団体である、追手門学院大学校友会との共同企画。本研究科では「社会の知」と「学問の知」の共創をテーマに、2014年から毎年社会人向けのプログラムを開催してきた。今回は講師に、後継者育成の専門家や銀行の責任者を招き、中小企業の最優先課題である後継者問題とキャッシュフローなどの課題に、コロナ禍の今どう対応すべきか議論する。また、講義の最後には相談会も開催する予定。

参考:https://www.otemon.ac.jp/whatsnew/pressrelease/_14162.html

関連記事

  1. 「第2回高校生のためのミュージカルワークショップ」開催決定!

  2. 学校法人のDX推進に向けて、New Innovationsと学校法人智辯学園が産学連携〜オンライン授業や新たな決済システムの導入などを担当〜

  3. 三井住友銀行 公立大学法人大阪との包括連携協定を締結

  4. Osaka Metro×大阪芸術大学 産学連携の取り組み『X’mas マンガデザイン Museum 2020』

  5. 「イノベーション・ジャパン2020 ~大学見本市Online~」― 国内最大級産学マッチングイベント オンラインにて開催 ―

  6. 【報道発表】最新のスポーツ科学を駆使して社会貢献 滋賀大スポーツカレッジ事業を開始

  7. 甲南女子大学が神戸市および象印マホービンと産学官連携協定を締結ー使い捨てプラスチックごみ削減に向けマイボトル利用を促進

  8. 第6回豊中音楽コンクールを開催いたします。

  9. 日産自動車、産学連携の乗合型移送サービス実証実験へ参画 横浜で10月11日から開始