産学連携でウィズコロナ時代の中小企業経営をサポート中小企業向け無料オンラインセミナー開催

 コロナ禍による経済へのダメージが深刻化する中、追手門学院大学大学院(大阪府茨木市、大学院長:金川 智惠)の経営・経済研究科では、中小企業の経営を支援しようと、ウィズコロナ時代の経営強化と後継者の育成を目的としたセミナーを10月1日より全4回に分けてオンラインで開催する。

 本セミナーは、一般社団法人情報セキュリティ関西研究所(大阪市中央区、代表理事:金森 喜久男)と本学の卒業生団体である、追手門学院大学校友会との共同企画。本研究科では「社会の知」と「学問の知」の共創をテーマに、2014年から毎年社会人向けのプログラムを開催してきた。今回は講師に、後継者育成の専門家や銀行の責任者を招き、中小企業の最優先課題である後継者問題とキャッシュフローなどの課題に、コロナ禍の今どう対応すべきか議論する。また、講義の最後には相談会も開催する予定。

参考:https://www.otemon.ac.jp/whatsnew/pressrelease/_14162.html

関連記事

  1. スポーツで地域活性化 名古屋市が産官学協定

  2. デジタルハリウッドSTUDIO米子、中国地方を中心にスーパーマーケットを展開するマルイと産学連携包括協定を締結

  3. 【オンライン開催】大阪府立大学・大阪市立大学 新技術説明会

  4. 学校法人のDX推進に向けて、New Innovationsと学校法人智辯学園が産学連携〜オンライン授業や新たな決済システムの導入などを担当〜

  5. 千葉県内の5つの大学・短期大学が産学官連携プログラム「ちば仕事研究塾2020 夏」を開催

  6. “デジタルネイティブ世代が考える未来の百貨店の姿とは”三越伊勢丹と立正大学の産学連携プロジェクトで新しい百貨店のマーケティング戦略を発表

  7. 近畿大学医学部×島津製作所 最新国産PETを評価する産学連携の臨床研究スタート-認知症・がん検査における臨床的優位性を検証し、世界に発信-

  8. 「人生 100 年時代・課題解決コンソーシアム」の創設について -異業種企業と大学が連携し長寿社会の課題解決へ-

  9. 日産自動車、産学連携の乗合型移送サービス実証実験へ参画 横浜で10月11日から開始