アイブリッジ株式会社が筑波大学とAI関連の産学連携プロジェクトを開始

 このたびアイブリッジ株式会社は3日、筑波大学と連携し「AIによる不適切回答者の予測の研究」プロジェクトを発足したと発表した。

 企業のマーケティングにおいて、調査モニターへのWeb調査は低価格かつスピーディーに実施できることから急成長し、現在ではマーケティングリサーチのメイン手法となっている。一方で、Web調査の回答データには不適切な回答が存在し、実査担当が目視のチェックによりデータクリーニングを行わねばならず、データクリーニング作業の工数を減らして業務時間を短縮・改善できるシステムの開発が急務となっている。

 同研究では、不適切な回答者を回答データから抽出する方法をAIを使って構築することを目的としている。研究結果をもとに、同社では将来的に自動データクリーニングシステムの開発や、回答の質が高く不適切回答者が含まれない調査モニターの構築を目指していく。

■連携学部・研究室 

筑波大学 ビジネスサイエンス系 尾崎 幸謙 准教授

■共同研究の期間

2020年4月1日~2021年3月31日

■「Freeasy(フリージー)」について

ネットリサーチ実績15年以上のアイブリッジ株式会社がもっと手軽にネットリサーチをご利用してもらうために開発した、低価格・スピード・使いやすさに特化したセルフ型アンケートツール。

参考:https://freeasy24.research-plus.net/news/12

関連記事

  1. 愛知大学、帝京大学、東洋大学とベトナムのホーチミン市外国語情報技術大学 の学生が海外企業の課題解決にチャレンジする「AEON Vietnam プロジェクト(Online)」がスタート

  2. アメリカ手話講座(オンライン)を実施

  3. 令和3年度 オープンキャンパス・学校相談会の日程のお知らせ

  4. 東京大学と Google との「AI 相利共生未来社会」の実現に向けたパートナーシップについて

  5. 後藤めぐみさん(機械知能システム学専攻博士前期1年)が第71回日本木材学会大会において学生優秀口頭発表賞を受賞

  6. 電気通信大学プログラミング教室/uecプログラミング教室 教室説明会【4月18日オンライン開催】

  7. スマート農業、秋田に新拠点 産学官連携し先端技術開発や人材育成へ

  8. 脳・医_学研究センター セミナー【4_26_オンライン開催】

  9. JETROおよび京都リサーチパーク ヘルスケア分野に特化した英語ピッチイベント HVCKYOTO 2020開催