アイブリッジ株式会社が筑波大学とAI関連の産学連携プロジェクトを開始

 このたびアイブリッジ株式会社は3日、筑波大学と連携し「AIによる不適切回答者の予測の研究」プロジェクトを発足したと発表した。

 企業のマーケティングにおいて、調査モニターへのWeb調査は低価格かつスピーディーに実施できることから急成長し、現在ではマーケティングリサーチのメイン手法となっている。一方で、Web調査の回答データには不適切な回答が存在し、実査担当が目視のチェックによりデータクリーニングを行わねばならず、データクリーニング作業の工数を減らして業務時間を短縮・改善できるシステムの開発が急務となっている。

 同研究では、不適切な回答者を回答データから抽出する方法をAIを使って構築することを目的としている。研究結果をもとに、同社では将来的に自動データクリーニングシステムの開発や、回答の質が高く不適切回答者が含まれない調査モニターの構築を目指していく。

■連携学部・研究室 

筑波大学 ビジネスサイエンス系 尾崎 幸謙 准教授

■共同研究の期間

2020年4月1日~2021年3月31日

■「Freeasy(フリージー)」について

ネットリサーチ実績15年以上のアイブリッジ株式会社がもっと手軽にネットリサーチをご利用してもらうために開発した、低価格・スピード・使いやすさに特化したセルフ型アンケートツール。

参考:https://freeasy24.research-plus.net/news/12

関連記事

  1. 「イノベーション・ジャパン2020 ~大学見本市Online~」― 国内最大級産学マッチングイベント オンラインにて開催 ―

  2. NECと九州大学、「データドリブン型社会」の実現に向けて連携協定を締結~個人同意に基づき、伊都キャンパス内でデータ利活用の実証実験を開始~

  3. 松江商工会議所と東京大学、一次産業を中心とした産学連携を通じた創業起業支援を進めることを目的に、共同研究契約を締結

  4. “デジタルネイティブ世代が考える未来の百貨店の姿とは”三越伊勢丹と立正大学の産学連携プロジェクトで新しい百貨店のマーケティング戦略を発表

  5. Osaka Metro×大阪芸術大学 産学連携の取り組み『X’mas マンガデザイン Museum 2020』

  6. 「地方創生プロジェクト学生会議」開催地域活性化を目指して学生がオンラインで意見交換

  7. 関電工、東京電機大と連携協定/強靭性向上へ共同研究

  8. 学校法人のDX推進に向けて、New Innovationsと学校法人智辯学園が産学連携〜オンライン授業や新たな決済システムの導入などを担当〜

  9. 帝人、広島大学発ベンチャーに出資、ヘルスケア事業を強化