CREST「人工知能」領域 第3回成果展開シンポジウム

開催趣旨

 科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業CREST研究領域 「イノベーション創発に資する人工知能基盤技術の創出と統合化」(人工知能)は、実社会の膨大なデータを知的・統合的かつセキュアに処理するための基盤技術の研究開発に加えて、 健康・医療、水産、防災・減災、モビリティ、ものづくりなど多様なドメインでの課題解決を目指し、イノベーションの創出に真正面から取り組んでいます。 さらに、研究成果の社会実装まで踏み込んでいくことを重視し、研究期間の後半では社会実装に向けた統合化研究に比重を移し研究を進めています。
 本オンラインシンポジウムでは、13件の研究課題の研究代表者が最先端の研究成果とインパクトのある社会問題解決の見込みについて発表を行います。 また、研究成果を実社会の課題解決に活用するためのパートナーシップ提携の場として、進行中の11件の研究課題のオンラインポスターセッションを実施します。 投資機関、企業の新規事業のご担当者の方々等の積極的なご参加をお待ちしております。

※本CREST研究領域は、文部科学省の人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト(AIPプロジェクト)の実施機関であるAIPネットワークラボの構成領域です。

日時

2020年9月24日(木) 9:30~16:35

開催形式

オンライン開催(事前登録制)
本シンポジウムはビデオコミュニケーションツール「Zoom」を使ったオンラインイベントです。
申し込みフォームから登録いただいた方には、開催日前に参加用URLをお送りします。

参加登録

参加申込みWebフォームより、お申込みください。
本シンポジウムに関するお問い合わせは、問い合わせ先のアドレスにメールをお願いします。

参加について

参加費 無料
定 員 300名

プログラム

こちらよりご覧下さい。

関連WEBサイト

CREST「イノベーション創発に資する人工知能基盤技術の創出と統合化」
AIPネットワークラボ

参考:https://www.jst.go.jp/kisoken/crest/research/activity/1111094/ai_sympo3/index.html

関連記事

  1. 東京大学発AIベンチャー、ドラレコ映像から自動で個人情報を除去するAIを開発

  2. 骨や筋肉の中の脂肪を使用して病気を診断し、 転倒や骨折を予測するツールを開発 メルボルン大学

  3. スマートポートにむけた統一プログラミングスタンダードのための新しいグローバルアライアンス(シンガポール国立大学)

  4. EZONEが、業界と学生のエンゲージメントを実現(西オーストラリア大学)

  5. 西オーストラリア大学の研究者が交通調査を自動化する 新しいソフトウェアを設計

  6. カエルたちの鳴き止ませるため環境DNAを利用 メルボルン大学

  7. 外出先での歩行解析のための新しいセンサシステムを開発(シンガポール国立大学)

  8. 量子技術への新たな一歩として、科学者たちは「輝く」量子ビットを合成する(シカゴ大学)

  9. スタンフォード大学の研究者たちは、記憶力の低下を注意力の欠如やメディアのマルチタスクと関連づけている